Growing Up Log

この歳になればもう何も怖くない。アラサー独喪が突っ走るブログ

初めての一人旅 1 「どこに行こう?」

ワタシ、今年本厄なんです。

昨年は宝塚のレアチケットが当たったり、その他アレコレいろいろと運が良かった気がするのですが、本厄ともなると何が起こるか分からない。

しかも昨年から病気をしてしまっているのもあり、やっぱり不安があります。

多分最初に思い立ったのはこの時。

ふと厄払い旅行してみたいな、と。

会社を辞めるということもあり、いい機会なんじゃないかと思いました。

思い立ったが吉日、早速プランを考えました。

どこに行くか

まずはここですよね。
いろいろ探してみましたが、上のTwitterに書かれている

この辺が候補に出ました。

なぜ東北なのか

理由はたくさんありますが、大まかに書くと

  • 年末年始は実家(福島県いわき市)に帰る予定なので、そこからある程度近い場所がいい
  • 敢えて寒い地域に行くことにより、自らに試練を与えたい
  • 自然豊かな場所に行きたい

だいたいこんな感じ。

その他どこに行く?

どうせならばガッツリ旅行したい。
もちろん、行ったことのない土地へ。

そんな事を考えつつ、いつものようにモンハンのオンラインで遊んでいたところ、会話の中でフレンドの1人が大船渡市の方ということが判明。

震災後、行きたいとは思っていたけど、不謹慎と思われてしまうかもしれないとなかなか触れれなかった場所です。

思い切って聞いてみたところ、今はもう観光客も多く、誰も不謹慎だとは思わないみたい。深く考え過ぎだと。

しかも今は復興に向けて街のあちこちで工事が行われているそうで、その様子は是非見たほうがいい、とのこと。

これだ。

震災後、東京からいわきまでの海岸沿いは自転車に乗って見てきたけど、岩手はまだ行けていない場所。
偶然ではあったけど、これも何かの縁なので旅先の1つは大船渡に決定。

地元の方ならではのありがたい情報

モンハンをしている方ならよく分かると思いますが、チャットって打てる文字数が少ないんですよ。

短文連打、狩りそっちのけで色々な情報を教えていただきました。

  • 一関から大船渡行きのバスが出ているということ
    (つまり新幹線からのアクセスが容易)
  • 屋台村なる場所があるということ
    (夜飲む場所確保!)
  • 海沿いは至る場所で工事がすすめられているということ
    (復興の様子を間近で見れる)

で、結局厄払いどうすんのよ?

危ない危ない、俄然大船渡に興味が湧いてしまい、本来の目的である「厄払い」を忘れてしまっていました。

教えていただいた事の1つに、「一関からバスが出ている」という重要な情報があったので、もうこれは平泉一択です。この時期はきっと雪が降っているので諸々条件がピッタリです。

 

・・・ということで厄払いは平泉の中尊寺に決まりました。

 その他細かいこと

基本的に時間に縛られない旅となるため、ひとまず宿だけを予約し、それ以外はその時の状況や気分、ノリで行こうと決めました。

こういうの、憧れてたので。

中尊寺に電話をして確認したところ、1月の8日ころまでは厄除け祈願は随時やっているとのことだったので、出発は1月の8日、一関で1泊、大船渡2泊の計3泊4日の旅にすることにしました。

宿と行き先だけしか決めていない、ノープランな旅です。

岩手一人旅の記事はこちらからどうぞ(๑❛ᴗ❛๑)♡